アートメイクをするときの注意点

レーザー脱毛と相性が悪い

アートメイクの注意点【7つのメリットとデメリット】

アートメイクは、レーザー脱毛とも相性が悪いのでこの部分の脱毛はすることができません。
例えば、眉毛をやってもらったならそのエリアはレーザーの照射ができなくなるので注意が必要です。
私も脱毛に通っているのですが、顔脱毛はある程度終わっていたので問題はありませんでした。
アートメイクは、麻酔をするのでほとんど痛みは感じませんが多少痛みが出ることがあったりしばらくはかさぶたのような感じになります。
肌が弱い人は、事前によく打ち合わせをする必要があるかもしれないです。
私も肌が弱いほうですが、全く問題ありませんでしたので一般的な肌質の人なら大丈夫な可能性は高くなります。
落ちないメイクは画期的ですが、徐々に薄くなるのが一般的です。
2年くらいかけて少しずつ色落ちしていくことになるので、その過程を楽しむのも楽しいです。
初めは少し濃いと感じることがありますが、それもなじんでくれば薄くなってきます。
貼り付けたようなデザインが嫌いな人は、あらかじめ薄めにやってもらうと良いです。
私も、濃い眉毛が好きではないので、はじめから少し薄めにしてもらって色モグラデーションなので自分のパーツの一部のように自然になりました。
気に入った状態にするには、カウンセリングをする必要がありますしセンスがあるクリニックに通う必要があります。
これは、医療行為なのでエステではなくクリニックに通うのがポイントです。
料金は、自由診療なのでそのクリニックごとに設定が異なります。

もう一つまつ毛美容液の話すると

眉毛アートメイクするなら騙されたと思って理想の形の眉毛にまつ毛美容液塗り続けてみて欲しい
まじで眉毛はまつ毛美容液で生える

眉毛のトレンドってこの30年でこんだけ変わるのに
消えるとはいえ今の好みでタトゥー入れちゃうのは怖い pic.twitter.com/XVwZnhXq1F

— る (@rik0108) September 9, 2021

いくつかの注意点 / レーザー脱毛と相性が悪い / コストパフォーマンスを良くするためには